ダイエットしてもバストを維持する方法

ダイエットしてもバストを維持する方法

ダイエットをしてバストのサイズまでダウンしてしまった経験はありませんか?本当はウエストや二の腕などの部分を細くしたいのに、バストまで落ちてしまうと女性としてとても残念ですよね。

 

バストは脂肪です。よってダイエットにより脂肪が燃焼されるとサイズがダウンしてしまうのです。しかし女性の憧れは出るべきところ(バスト)は出ていて、引き締まるべきところ(ウエストなど)は引き締まっているメリハリのある体型です。ダイエットをしてそんな体型になりたいのです。

 

ダイエットとバストの維持を両立する方法はあるのでしょうか。できる限りサイズダウンを食い止める方法があります。その一つは背筋を鍛えることです。つまり良い姿勢を保つこと。

 

姿勢が良いとバストが不思議と大きく見えるのです。背中の筋肉と胸の筋肉は繋がっていますから、姿勢を正すと両方の筋肉が鍛えられます。

 

その結果バストも上向きになり、ハリが見られるようになります。常に良い姿勢をキープするのは大変かもしれませんがバストキープのためと思って頑張りましょう。

 

大豆製品を中心としたたんぱく質を食べましょう。痩せるために食事制限をしている方がいらっしゃいますが、それではバストが小さくなってしまいます。

 

体を作っている基本はたんぱく質です。お肉や魚は脂肪分があるので避けようとする方が多いですが、たんぱく質はしっかりと取りましょう。また大豆製品には女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。イソフラボンは女性らしい体を作ってくれる強い味方です。